GoogleMapsAPIsとは何か

  • Google Maps APIsを使った販促活動

    • GoogleMapsAPIsを使う事で、企業はサイトにアクセスしてきたネットユーザーに対して地図を使った機能を提供する事が出来ます。


      GoogleMapsAPIsには、マーカー機能を使って店の場所を示したり、GoogleMapsAPIsには、このような機能だけでなく、地図アプリを作るのに使える機能が数多く揃っています。

      高度な機能を持った地図コンテンツを用意しておけば、店までのアクセス方法を示すだけでなく、マーカーをクリックさせる事で店の情報をポップアップ表示させて、コンテンツを充実させられます。
      GoogleMapsAPIsは、必要な機能をAPIとして提供していますので、オンラインの状態であれば、リポジトリからそのまま呼び出す事が可能です。ただし、注意するべき事は、APIキーが無ければ、地図データを呼び出したり、機能を使ったりといった事が出来ないという事です。

      今までになかったGoogle Maps APIs Premium Planに関する情報を公開中です。

      販促活動でGoogleMapsAPIsを使っていきたい場合は、高解像度でマップデータを呼び出せるように、法人向けライセンスの購入が出来るプランを選ぶのが良いでしょう。

      企業は多数の店舗を展開していますので、複数の店舗のアクセスマップを一つ一つ用意するよりも、クリックする事で情報が表示されるようにしておく事で、ユーザーに効率的に表示させられます。



      店の数が多いほど効果的であり、この仕組みはユーザビリティの向上に一役買ってくれるでしょう。