AGA治療の方法について

AGAの治療法はミノキシジルの含有された内服薬等で血行、毛母細胞を活性化させ、プロペシアを用いてAGAを誘発する物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する、といった治療が主となります。
市販の育毛剤等を使用する方法もありますが、AGA治療を行う医療機関では、主にそうした治療法を提供し、AGAの治療を行っています。薄毛の改善にはまず医療機関等で自身の状態を判断し、治療法を提示してもらうことが、より安全なAGA治療の方法と言えます。

livedoorニュース情報サイトをご利用下さい。

輸入代行で治療薬の購入を個人で行うことも可能ではありますが、副作用、リスクに対する知識が必要であるため、初心者である人は医療機関に通うことが健康面において、適切であると言えるでしょう。



AGA治療は保険適用外であるため、診察代や薬代は全て自己負担となります。



AGAの治療薬として多くの医療機関に処方されるのがプロペシアであり、1錠がおよそ250円、1か月あたり7500円ほどの負担となります。

AGAは永続的な症状であり、完治がないため、薄毛の改善状態を維持するには、プロペシアを使用し続ける必要があります。
そのため、金銭的な負担が大きい人にはプロペシアより比較的安価であるフィンペシア、という治療薬があり、そちらは1錠あたり30円といった値段になっています。ですが主な入手方法は輸入代行であるので、健康上のリスクを考慮しなければなりません。


医療機関で治療を受ける場合、そのプロペシアに加え、様々な治療薬や治療法の併用があるため、全体として1か月におよそ10,000円から15,000円が相場となっています。